チラシとフライヤーの違い|チラシ印刷を格安依頼|様々なバリエーションで頼んじゃおう

チラシ印刷を格安依頼|様々なバリエーションで頼んじゃおう

女の人

チラシとフライヤーの違い

インク

よくカフェやCDショップ、雑貨屋などに行くとレジの横に小さな印刷物が置いてあることがあります。置き方は台の上に平積みにされていたりラックに入れられていたりとさまざまです。また記載されている内容もその店のキャンペーン等の宣伝から別の店の紹介、ライブ・展覧会など各種イベントの告知まで多種多様です。こうした印刷物のことを、フライヤーといいます。このような話を聞くと、それではチラシとどう違うのかと思われるかも知れませんが、実際のところチラシ印刷とフライヤー印刷の区別ははっきりしていません。辞書によってはチラシ=フライヤーとしている場合もあります。ただ、日本においてはフライヤーの方がチラシよりも新しい言葉であり、従来のチラシという言葉から連想されるイメージとの差別化を図るためにあえてこの言葉が使われるようになったという側面があります。というのも海外の若者文化においてはアーティストやミュージシャンなどがフライヤー印刷を使ってマスメディアに頼らずに情報発信を行うという伝統があり、それが日本に移植された際にフライヤーという言葉も普及するようになったからです。こうした背景もあって、宣伝用の印刷物という同じ性格を持ってはいても、チラシ印刷とフライヤー印刷は別のものという認識が現在ではほぼ定着しつつあります。
フライヤー、チラシ印刷は個人の手で行なうことも可能ですが、上質な仕上がりを求めるのであれば専門業者に依頼することが推奨されています。デザインさえ決まってしまえば、あとは何枚刷るにも料金に大きな差が生じないので予算としても安心できるものです。激安料金を提示している業者もあるので、いくつかの業者をピックアップして探してみましょう。激安料金を掲げるチラシ印刷業者の中には、一度利用すると、データをそのまま保存してくれるので、2回め以降の依頼からはスムーズに納品されるようになります。激安という魅力もありながらこうしたメリットもあることにより、利用者の数は年々増えているでしょう。
外見的にはフライヤー印刷の方が総じてデザインに凝っており、折りたたんでポケットに入れられるようにサイズも小さめで使用される紙も厚手であるなど、従来の新聞折込チラシなどとは異なった特色を持つ傾向にあります。こうしたフライヤー印刷は、自作されたものもあれば印刷業者によって制作されたものもあります。自作のものには簡易なスクリーン印刷キットを使って制作されたものがよく見受けられますが、家庭用のパソコンプリンターで出力されたものをそのまま使用している例もあります。激安とまでいかずとも予算として抑えることが可能です。

Copyright© 2016 チラシ印刷を格安依頼|様々なバリエーションで頼んじゃおう All Rights Reserved.